作ることが目的

展示にやっと一区切りつきました

値段もつけないつもりだったので 求めてくれる人がいることに驚きました

「手放すの寂しくないですか?」って聞かれたけれど

作ることが目的だから 終わった作品には関心がないから平気です

ぼくはいつでも 新しいものを作っていたいだけなのです

責任を感じて硬くなっていたけど 素直に嬉しさも湧いてきました

ぼくの絵が誰かの家にあるって不思議な気分です

見に来てくださった皆様 本当にありがとうございました

またお会いできるのを楽しみにしています

 

P_20160614_072358

 

 

 

 

 

 

 

 

常設展 最終日 

MAKII  MASARU   FINE  ARTS の常設展が今日で終わります

16時から17時まで在廊する予定です

 

年明けから 展示のことでずっとバタバタしていたけれど やっと一区切りです

初めてのことばかりで とても密度の濃い時間を過ごすことができました

今年の残り半分は 作ることにできるだけ時間を使いたいです

 

ホドロフスキー と 岡村靖幸

MAKII MASARU FINE ARTSの常設展示に知人が来てくれた

職場が近くとのこと 連絡してなかったからびっくりしました

大きな保存瓶を持って現れた レモン酢を作るらしい

 

魚のドローイングを見てアレハンドロ・ホドロフスキーの「リアリティのダンス」を思い出した と言われました

ぼくも大好きな映画なのですごく嬉しかった

その人もホドロフスキーが大好きで 話が盛り上がりました

流れで知ったきっかけを聞かれて ぼくは「岡村靖幸も大好きで TVブロスの対談で知ったんです」と言ったら

「私も岡村ちゃん大好きです!」と言って カバンにつけてるピーチマークを見せてくれました

ぼくは前日に中野サンプラザに 岡村ちゃんを見に行ったばかり

岡村ちゃんの話も盛り上がりました

 

作品がきっかけで 話が思わぬ方向に広がりました

ぼくはこの二人に いつもインスピレーションをもらっているので

すごく嬉しかったです

ぼくもピーチマークつけなきゃ

 

 

drowing-088-魚の首 copy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡村靖幸

リアリティのダンス

ホドロフスキーのDUNE

技術と表現の目的

技術は 手段で 目的ではない

よりよく表現するために使わなければならないのだけど

よくわからなくなることがある

 

いつも通りの手順として使っていたり

常識から外れないように使ったり

上手に見せるためとか 早く仕上げるためとか

慣れとか 何かをごまかすために使っているような気がすることがある

技術は便利だけれど 気をつけないと 大事なことを見失うような気がする

 

 

肥料をあげたり 農薬を使えば 早く たくさん 収穫できるけど

時間をかけて自然に育てたほうが 栄養価が高いらしいと聞いたことがあります

作品を作るときにも 当てはまるところがあるような気がして

技術を遠ざけて制作をしてきた

 

 

P_20160515_060403

 

 

 

 

 

 

 

庭で採れたイチゴ 無肥料無農薬 ほぼ放置

ちょっとしか取れないけど 美味しい

去年より広がって増えたから ちょっとだけ収穫が増えた

来年も楽しみです

描くときに気をつけていること

 

描くことに慣れないように

人の目を気にして描かないように

描きたいものを見失わないように

気をつけています

 

道具を扱う技術とか コンセプトを考えることより

描くときの気持ちとか 体の状態が大切なので

食べるものとか仕事とか 生活を大切にしています

夜の絵が多いけど 早寝早起きです

 

drowing-095-夜景色2 copy

長い1日 テオの帽子アトリエ

先日 教室での仕事を終えてから搬入に向かいました

さっと終わらせるつもりだったのですが 3時間もかかりました

落ち着きと 思い切りが足りませんでした

年が明けてから ずっと展示関係の作業が続いていたけど

やっと一区切りです

 

そのあと 「テオの帽子アトリエ」 を見に行きました

力先生の「オワリ山の1日」の帽子を買いました

ぼくも力ワールドの一員になった気分です

カレーごちそうさまでした

今度は帽子作りにチャレンジです

 

展示は 6月11日まで

今日は14時くらいから 在廊予定です

 

 

 

 

 

 

P_20160522_145437

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20160522_145420

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20160522_145408

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20160525_063830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20160522_192241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20160522_192426

見て描く

前回 個展に出した作品は ほとんど記憶をもとに描いたものですが

今回 常設展に出す小さなドローイングは ほとんど見て描いたものです

以前は 客観的に観察して 対象に近づけることや

自分の意思で画面を構成することを心がけていました

でも そうやって描くと 終わりが見えなくなって壊してしまうのです

勉強になるけど その先に自分の作品が生まれる可能性を感じられなくて

記憶や想像をもとに油画を描くようになりました

 

でも最近 見ながら描いても感じたことを描けるようになってきました

少しだけ 子どものころみたいに描けるようになってきた気がしています

感覚を解放することも 意思でコントロールすることも

どちらも大事だなことだと思います

どうしたら もっと良いのが描けるようになるのか

もっと自由に描けるようになるのかと いつも思っています

 

スキャン 133