ディスレクシア

注文していたDMが届きました。

家にあるラベルシールは大きすぎるから買いに行かなければなりません。

届いたらすぐ発送できるようにしておきたかったけど、まだ準備中。

住所録は以前作ったけど、いい加減に作ってたから手直しが必要です。

住所録にポツポツ抜けがあるようなので、DMご希望の方はお声掛けください。

今教えている小学生に、ひらがなが読めない子がいます。

文字の形と音が一致していないんです。

「あいうえお」は言えるけど、「あ」の字と「あ」の音が繋がらないんです。

よく喋るから、ひらがなが読めないと言われたときは、ふざけているのかと思いました。

カタカナが書けない小学生は結構みたけれど、

知的に遅れがなくて、ひらがなが書けないどころか、

読めない子供は見たことがありませんでした。

正式に検査をしていないから断定はできないけれど、

ディスレクシアかも知れない、と同僚は言いました。

学校ではどうしていたんだろう。全く教科書が読めないのに。

触らないでくださいと書いてある水槽を叩いてて、

「触っちゃダメって書いてあるでしょ!」と言ってからハッとした。

彼は読むことができない。

字が読めないことは大変なことなんだと改めて思いました。

目で見たものと耳で聞いたことが一致するのは、

脳に視覚と聴覚を結びつける働きがあるからだと、

何かの本で読んだことを思い出しました。

そして先日、視覚と聴覚について、画家と歌手についての話をしたことを思い出しました。

同じ歌を歌っても喜ばれるのに、同じ絵を出したら批判されるのは脳の問題だと…。

まとまらないので今日はここまで。