東洋思想

学生の頃は彫刻を学んでいたからデッサンの勉強はやったけど 西洋から入ってきた技術の延長線上に ぼくの作品は出てこないと思った 分析するように 客観的に世界と向き合い観察する キリスト教文化圏の 自然科学的な姿勢ではなく そのものになりきるような その中に入り込むような 世界と一つになるような立ち位置をとって製作をしています それは東洋的というか 仏教的な思想に近いんじゃないかと思っているのだけど 詳しくないので違ってたらごめんなさい

関連記事

  1. パンとミルクティー

  2. 初仕事

  3. 足踏みしてる気がするけれど

  4. 発掘

  5. 最終日 話せばわかる

  6. 病院

PAGE TOP