電王戦

将棋の名人がAIに負けた もうすでに差がついているとは聞いていたけれど その通りの結果が出た 以前から関心を持って見ていたので 複雑な気持ちになった これからみんなコンピューターを使って差し手を研究していったら どんな将棋になるのだろうか AIに芸術作品を作らせる試みもやっているらしいけど  アートコンペの入賞作品がAIの作品みたいな時代もいつか来るのだろうか 文学賞ではもうAIが入賞しているとテレビで見たことがある 人の心や好奇心が 機械の作ったものに本当に動かされるものなのか とも思ったけれど 多くの人が芸術や文学よりもテレビゲームを楽しみにしているのだから そんなことを考えること自体意味がないのかもしれない

関連記事

  1. ホドロフスキー と 岡村靖幸

  2. 終わりと始まり

  3. ミスターダイナマイト

  4. 図書館に行きたい

  5. 会期を終えて

  6. 明日 明後日は遅れます

PAGE TOP