大きさのこと 量のこと

絵の良し悪しは 大きさじゃないと思っている イメージにふさわしいサイズがある 大きければいいわけじゃないし 小さければいいわけでもない そのまま引き伸ばしても 縮めててもイメージの力を引き出すことはできない 今回展示する小さな作品は アイディアを出すために始めたものです 数年前 三木先生に「たくさん描かなきゃダメだよ」と言われたのがきっかけで始めた それまでは質の悪いものを描くのが嫌だったし たくさん描くと消耗すると思っていたから 確信を持てるもの以外は描かないようにしていた たくさん描いてみたら 枯れるどころかイメージはどんどん出てくるようになったし 良くないと思っていたものも時間が立ってみればそうでもなかったり ダメなものからも新しいイメージが生まれたり 組み合わせたら新しいものが生まれたり 可能性が広がりました イメージが出てくるのが止まったところで油絵で描こうと思っているのだけれど 止まらなくて小さいのばかり増えてしまった もっと描く時間が欲しい

 

関連記事

  1. 時間の感情

  2. 図書館に行きたい

  3. 中日

  4. 子どもの頃の記憶

  5. ありがとうございました

  6. 良くなるかもしれない

PAGE TOP