小さな神話

子どもたちと出会う初めての朝に 目の前で車にひかれました

素通りしようとしたけれど ここで手を差しのべる心がないならば

この仕事をする資格はないと思いました

命は土に帰るものだと思うから アスファルトはいたたまれなくて

素通りする通勤の流れを戻り 息絶えた鳩を土の上にそっと運びました

他人から見たら何の意味もないかもしれないけれど

ぼくにとっては覚悟を確かめる 運命とか象徴のような

始まりの神話なのです

 

 

DSC_0165_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある鳥の死

2015年

33.3×24.2cm

キャンバスに油彩

 

関連記事

  1. 会期終了

  2. 最近のこと

  3. 星座の詩

  4. 展示まであと41日

  5. 準備期間

  6. わたしの記憶とあなたの記憶

PAGE TOP