思い出

楽しい記憶を描いたら楽しい絵になるわけでもないし 悲しい記憶を描いたら悲しい絵になるわけでもない 描いてみたら思わぬイメージが現れる 楽しいのが描けたと思っていたら怖いと言われたり 悲しいと言われたり 人の見方も色々だ ぼくは基本的に何かを狙って描かないようにしています 描き方や 画材や 主題は色々考えるけど 結果を想定したり方向付けをしたりは しないようにしています すぐ近くにいて いつでも会えると思っていても その時を逃すと会えないもんなんだな と思いました いつか絵本にでもしたいと思っている一枚です 中条さんとか バックメンさんとか コシカワさんとか チャイくんとかどうしてんのかなあ

関連記事

  1. 在马来西亚吉胆岛的艺术节

  2. あと6日

  3. スミヲのこと

  4. 技術と表現の目的

  5. 近況

  6. 季節の変わり目

PAGE TOP