カラオケくらい気楽に

個展を見に行くとき 何か作品について言わなければならないと思うと とても憂鬱だった

昔は何も言えなくて 逃げるように会場を出たことがあるし

ガラス越しに作家がいるのがわかって 入れなかったことも数知れず

今でもやっぱり他人の展示を見に行くときは身構える

音楽の楽しみ方はクラシックコンサートからカラオケまで 幅があって良いなと思う

ぼくの展示は 大人でも子どもでも いろんな人が カラオケ行くくらいに気楽に足を運んでもらえる 敷居の低いものにしたいと思っています

絵を見た感想を その場で言葉にするのは難しいから 頑張らなくて良いと思います 感じるものがあれば時間が経ってから 心の中に湧いてくると思います

質問はなんでも聞いてください ぼくは美術が大好きなので 少しでも見る人の手助けをしたいと思っています

ちなみにカラオケは行きません

 

 

関連記事

  1. 絵画の過程③〜こだわりから離れる

  2. 搬入と展示と

  3. 会期終了

  4. 初期衝動

  5. ありがとうございました

  6. 目標はミニマリスト 2018

  7. 何度見にきても入場無料ですよ

  8. 展示のお知らせ

PAGE TOP