作品の質

今日は4時過ぎに起きて作業場に行きました。

2時間半ほど絵を描きました。

今回は油絵の具ではなく、クサカベのAqylaで描いています。

ドローイングを描くときはすごく使いやすかったけど、

キャンバスで作業を重ねる時はちょっとコツがいるみたいです。

でも色とか質感はとても気に入っています。

作品の質を上げるとはどういうことなのか考えています。

つい密度を上げる方向に進んでしまいがちですが、そうじゃない。

たくさん手数を入れるとやった気になるけれど、

動きを大切に描かなければいけないと思っています。

思っているんだけど、またそっちに進んでいるので明日はそこをなんとかしたいです。

もう寝ます。

画面の一部。画面が汚くなることを恐れてはいけません。

攻め気が足りない。

よくなりそうなんだけどなー、もう一歩

関連記事

  1. 最後の一日

  2. イメージの断片②〜子ども

  3. 準備期間

  4. 手放す

  5. 長い1日 テオの帽子アトリエ

  6. 目標

PAGE TOP