教室にて 工作

今日は工作をした

材料は画用紙と凧糸を用意した 何を作るのか決めないで始めた

ビュンビュンごまが作りたいって言う子がいたから いっしょに作った ぼくも作ったことがなかったけど 一緒に考えた

家を作りたいって子は 勝手に家を作っていた

ブランコを作りたいって子は どうしたらわからないって顔してたから 「失敗しても良いからとりあえずやってごらん」と声をかけた

学年の低い子が多いから 心配だったけど

意外な子が自力で作り始めて面白かった

子どもたちには あまり教えない方が良いと思っている

汚くてもいいから自分で何かを探して欲しい

困ったときは作って見せたり ちょっと助けるけど

大人が喜びそうなものを作らせることだけは やってはいけないと肝に命じている

子ども同士で刺激しあって 想像性が爆発したときは言葉にならない

 

 

関連記事

  1. 個展のお知らせ

  2. 良くなるかもしれない

  3. 風邪

  4. 絵画の過程①〜描いているとき考えていること

  5. Private Myth   (個人的な神話)

  6. 計画して片付けをして継続する

PAGE TOP