見て描く

前回 個展に出した作品は ほとんど記憶をもとに描いたものですが

今回 常設展に出す小さなドローイングは ほとんど見て描いたものです

以前は 客観的に観察して 対象に近づけることや

自分の意思で画面を構成することを心がけていました

でも そうやって描くと 終わりが見えなくなって壊してしまうのです

勉強になるけど その先に自分の作品が生まれる可能性を感じられなくて

記憶や想像をもとに油画を描くようになりました

 

でも最近 見ながら描いても感じたことを描けるようになってきました

少しだけ 子どものころみたいに描けるようになってきた気がしています

感覚を解放することも 意思でコントロールすることも

どちらも大事だなことだと思います

どうしたら もっと良いのが描けるようになるのか

もっと自由に描けるようになるのかと いつも思っています

 

スキャン 133

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 社会人としての責任と、絵描きとしての責任と

  2. 5日目は雨 会期も折り返し

  3. 10年ぶりの餃子

  4. パレット

  5. 3日目終わる

  6. 祭りの後

PAGE TOP