星座の詩

古代の人々が 夜空の星のつながりに

物語を想像したように

タロットの並びに未来を尋ねるように

ぼくの日常から生まれた 小さなシンボルをつなぎ合わせて

時間や空間を超えるようなイメージを創造したくて

Fragments of poetry(詩の欠片)というタイトルをつけました

立川市若葉町の2Kの木造アパートから 宇宙に広がりますように

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 社会人としての責任と、絵描きとしての責任と

  2. 展示まであと41日

  3. 教室にて 工作

  4. THE blank GALLERY

  5. 山天大畜

  6. ディスレクシア

PAGE TOP