時間の感情

ぼくは動いていることに関心があります

特に どこかに向かう姿や 繰り返されるものに心を惹かれます

始まりと終わりのあいだの 動いているその時を描くことができたら

瞬間と 永遠と 止まることのない時間そのものが キャンバスに現れるかもしれない

とらえきれない大きな時の流れを 画面に閉じ込めるような

画面の枠をこえて 時間があふれだすような

目には見えない時間の流れに 感情を揺さぶるなにかを感じて

内面に広がるイメージを ぼくは描きたいのです

 

スキャン 107

 

関連記事

  1. 在马来西亚吉胆岛的艺术节

  2. 足踏みしてる気がするけれど

  3. This may be manga.

  4. 明日 明後日は遅れます

  5. 明日はイベント 展示も最終日

  6. 良くなるかもしれない

PAGE TOP