社会人としての責任と、絵描きとしての責任と

自分の体験から生まれた記憶から描いているものがほとんどです。

それ以外のごく一部に本やテレビで見たことや、人に聞いた話、

描いていたらなんとなく現れたものがあります。

中に社会的なテーマを持って描いた絵があります。

社会問題や政治に関する絵を描くことには少し抵抗があります。

無意識に働きかける上でテーマは邪魔になりそうな気がします。

同時に一社会人として描かなければならないという気持ちもあります。

社会人としての責任とは何か、絵描きとしての責任とは何か。

でも数百枚の中に忍ばせてしまえば、ほとんどの人は気がつきません。

大きなキャンバスに描いてしまうと、絵画よりテーマが目立ってしまう。

それは本意ではないのです。

展示は火水木とお休みです。

金土日月で最後です。24、25、26日は在廊します。

遠くて帰るのがしんどい。一泊くらいしようかな、、、。

関連記事

  1. 今日は展示3日目 客引き

  2. 足踏みしてる気がするけれど

  3. painting process

  4. ぼくが彫刻で学んだことは

  5. 湖畔美術館→Gallery Nayuta→ダバインディア→A…

  6. マレーシアに行きます  2016 Pulau Ketam I…

PAGE TOP